株式会社quattro|デイサービス然

088-618-3464

お知らせ INFORMATION
座位でできる機能訓練で安全に運動習慣2018.07.03

然は働く子育て女性が全体の9割。女性ばっかりの職場です。そんななかで、白一点!!頑張っているのが、趣味はトライアスロンやマラソン、プライベートでは地元松茂で消防団員として活動しているおーちゃん。そんなおーちゃんが、こだわって実施している「自宅でもできる」「座位でできる」「安全にできる」機能訓練をご紹介します。

背筋を伸ばして正しく椅子に座る

↑上の文字を読んで「ハッ」っと背筋を伸ばし直した方も多いのではないでしょうか。意識していないと背中を丸めてパソコン作業をしたり事務仕事をしていることがありますよね。
集団機能訓練は安全を第一に考え座位で実施することが多くあります。だからこそまずは「正しく座る」ことの大切さを丁寧に伝えます。

背筋を正して姿勢よく座ることを意識してもらったら、運動スタートです。
新聞紙をくるくるっと丸めた手作りの棒を使って両手でしっかり握って上下運動。
ほかにも右手で高く持っていた棒をぱっと手放し、左手でさっとキャッチする反射のトレーニング。
失敗するたびに笑い声が聞こえてきます。
そう、大事なのは笑顔 ♪ なのです。

右ひじと右ひざをぐっと近付けて、元の姿勢に戻ったときにまたピーンと背筋を伸ばす。単純な繰り返しのようですが、ふだん使わない筋肉を意識するだけで良い運動になります。

高齢の方の転倒事故は自宅内がもっとも多いと言われています。
転倒する理由のひとつに、自分が思った以上に体が動いていないということが考えられます。上半身と下半身のバランスを取りながら、「自分の体の動きを知る」こともしっかり意識します。

認知症対応型通所介護なので、「脳の健康」を意識したコグニサイズにも力を入れます。
右手と左手で違う動きをしてみたり、手の指と足を同時に動かしたり。
「できんわ?」「あれ、あかんなぁ」という様子が見られますが、実は大切なのは「間違えること」
間違えた瞬間に「あれ!?なんか変やなぁ」と思ったそのときこそ? 脳が活性化??しているのです。
「あかんわ?」と笑えることも、頭の体操にはとっても良いんですよ!!

これからの季節暑くなると外へ出るのがおっくうになります。運動不足になるとお腹が減らなくなり、食事が欲しくなくなり、食事をしないことで力が出ず、ますます運動不足になるという「フレイル現象」を引き起こしてしまいます。
ご自宅でも室内で簡単にできる運動を日常的に取り入れる工夫をしてみてくださいね。

□■□■□■□■□■□■
デイサービス然
【見学・体験のご案内】ご本人のみのご参加、ご家族の方とご一緒での体験・見学もできます。送迎もいたしますのでご相談ください。ご希望プログラムを選んでの短時間の体験も可能です。昼食代(200円/1名)のみご負担いただきます。
デイサービス然(徳島市安宅2丁目6-9)
TEL 088-618-3464(生活相談員/榎勢・橋本)