認知症予防療法プログラムに特化したデイサービスです

徳島市に2017年2月に開設した認知症対応型デイサービスです。 「KUMON式の学習療法」や「ミッケルアート回想療法」を活用し、認知症予防に特化したプログラムを提供します。ほかにも最新のアプリを使った脳のトレーニングや自分誌作成ができるタブレット、「できた!」瞬間の喜びをみんなで共有できる川畑式トレーニングを取り入れています。 機能訓練は、屋内平行棒やステップ台を使用したコグニサイズを中心に行っています。また、不整地歩行訓練ができるよう屋外にも平行棒を設置しています。

開けたデイサービスを目指して①

こんにちは、対面ケア・広報担当の宮本幸子です。

今週は久しぶりに太陽の日差しを感じられる日がありましたね(すでに次の台風が接近していますが…)。
然でも外をお散歩したり、この前種を蒔いた水菜がほどよく成長するように間引いたり、利用者さんと一緒に久々の晴れ間を目いっぱい味わいました。

 

 

学習療法・ミッケルアート回想療法の実演見学会

 

開所して8か月、2回目の実演見学会は
高松からのお客様と利用者さんのご家族でにぎわいました。

 

高松からのお客様は、実務者研修講師をしている社長の四宮の生徒さんたち。
学習療法の様子を見学しながら、対面ケアの魅力を間近に感じていただきました。

学習の様子を見た同業種の方からは、よくこんな言葉を耳にします。
「一人の利用者さんと向き合う時間は1日のなかに5分もないかもしれない」。

学習療法はお一人、もしくは二人の利用者さんと必ず20分以上、同じテーブルで過ごします。
目を見てじっくりお話をしたり、その方の様子・仕草・表情に注目することができるのでとても貴重な時間だと感じています。
見学してくださった方も私たちと同じように「学習は目の前の利用者さんに向き合う大切な時間」と感じてもらえているのかなととても嬉しく思います。

 

来所した利用者さんを出迎えることがほとんどの機能訓練指導員のおかあちゃん。
今日ゆっくりと利用者Aさんのご家族と話しできました。
Aさんがご自宅でしょっちゅう「おっかさんがなぁ、あやって言うんじゃ」と然での出来事を話してくれるんだそうです。おかあちゃんは送迎に行くことがほとんどないので奥様は「おっかさんと話ししたいわ」と常々思っていて、いつか会いたいなぁと思ってくださっていました。
見学会を開催することをお伝えしたところ、娘さんと一緒にAさんの様子を見に行きたいと申し込みをしてくれたのです。
おかあちゃんもお会いできたことが嬉しかったようで、笑顔で話しつつもちょっぴり感動の涙が出ていました。

 

 

 

 

 

 

200円の昼食試食

 

今日の献立はサクサク食感の玉ねぎ唐揚げ、白菜の煮びたし、スパゲティサラダ、お出汁の旨味を味わえるようお味噌汁はシンプルに豆腐とわかめでした。

見学者さんのアンケート結果は、前回に引き続き参加者みなさん全員同じ答え!
味=美味しい、ボリューム=ちょうど良い、価格=安い
感想にも「昼食のメニューやボリュームはすばらしいと思いました」といただきました。
ありがとうございます♪

 

 

 

ミッケルアート回想療法

最近ミッケルアート回想療法の時間を変更しました。
従来は昼食後の13時からでしたが、先月から13時45分~の30分間に実施しています。

理由は二つ
①スタッフの昼休憩時間を確実に確保するため
昼休憩は2部制になっています。12:00~12:45のと12:45~13:30の2チームです。
ミッケルの時間はリーダーとサブのネットワークが欠かせません。
どうしてもサブの人数が少なくなると、グループのフォローが足りない場面が出てきます。
ときどき気になって昼食休憩が終わる前に降りてきてしまうスタッフもいます。
それではいけない!
ということで、スタッフ全員がデイルームにいられる時間に実施することにしました。

②利用者様全員が良いコンディションで参加するため
お昼ご飯のあとは横になって休憩したい人もいます。
イスに座っていてもうとうとしてしまったり。
おなかいっぱいになると眠たくなっちゃいますよね。
然の利用者さんの8割が午前の学習療法プログラムを選択しています。
でも学習をしない方ももちろんいらっしゃいます。
一日のなかで1回はしっかりと脳を活性化させてもらうために
すべての利用者さんに積極的に回想療法に参加してもらいたいという思いから時間変更をしました。
結果、機能訓練を実施し、運動後のお茶を飲みながら一息ついての回想療法というリズムがとても良く利用者さんもスタッフもすっきりした気分で取り組めています。

この日も運動後のお茶を飲みながら、見学者のみなさんにも参加してもらって回想療法スタート。初めての人にも楽しみながら雰囲気を理解してもらえるように、リーダーみよっさんが全体を見渡します。
この日は、まだ利用を開始したばかりで回想の時間を会議のように思い「こんなんではあかん、みんな意見を順番に言うべきだ」と少し不愉快な様子気持ちを持たれた方がいました。その様子を目の当たりにし驚かれた見学者の方もいましたが、サブがその思いを一手に引き受け声を受け止めるというミッケルのスタイルに納得されたようでした。

回想療法は、学習療法と異なり選択式ではなく全員参加。
「懐かしかった」「忘れていたことを思い出した」「もっとあんなことも言いたかった」「納得した」「面白かった」・・・なんでも良いのです。おひとりお一人が何かしらの感想を持ったり、考えたりできる時間にしたいと思っています。そしてその湧き出てきた感情をできるだけたくさん受け止める必要があります。
だからこそ、ミッケルアート回想療法はスタッフが全員参加し、リーダーとサブの役割を明確にしながら取り組むことが重要になっています。

 

 

******************

然は「地域に開けたデイサービスでありたい」という思いから、
一般の方、同業種の方、異業種の方、さまざまなみなさんに気軽に立ち寄っていただける雰囲気作りを目指しています。

見学会だけでなく、ふだんの日も「明日のミッケルの時間、見学者さんが来られます」と全体LINEにお知らせが入ることもあります。
いつでも、どなたにでも来ていただける然でありたいと思っています。

興味を持ってくださった方は、ぜひふらりとお立ち寄りくださいね。

 

□■□■□■□■□■□■
デイサービス然
【見学・体験のご案内】ご本人のみのご参加、ご家族の方とご一緒での体験・見学もできます。送迎もいたしますのでご相談ください。ご希望プログラムを選んでの短時間の体験も可能です。昼食代(200円/1名)のみご負担いただきます。
デイサービス然(徳島市安宅2丁目6-9)
TEL 088-618-3464(担当/榎勢・四宮)

522 PV