認知症予防療法プログラムに特化したデイサービスです

徳島市に2017年2月に開設した認知症対応型デイサービスです。 「KUMON式の学習療法」や「ミッケルアート回想療法」を活用し、認知症予防に特化したプログラムを提供します。ほかにも最新のアプリを使った脳のトレーニングや自分誌作成ができるタブレット、「できた!」瞬間の喜びをみんなで共有できる川畑式トレーニングを取り入れています。 機能訓練は、屋内平行棒やステップ台を使用したコグニサイズを中心に行っています。また、不整地歩行訓練ができるよう屋外にも平行棒を設置しています。

プロカメラマンによる撮影テクニック大公開

こんにちは!然ボイストレーナー・対面ケア担当の宮本幸子です。
第5回ふれあい然にご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

第5回ふれあい然「プロカメラマンによる撮影テクニック大公開」

講師は、親子専門カメラマンとして活躍しているスタジオサークル下塚氏。

参加者には日ごろお子様を撮影する機会の多いママさんだけでなく
お孫さんの日々の成長を残したい!と素敵なカメラを購入したおばあちゃまたちも。

 

撮影テクニックはすべて記録OK!ときいて
スライドのすべてを撮影で記録していく勉強熱心なおばあちゃまです。

私たちスタッフも、日々のご利用者様の様子をタブレットで撮影しご家族さまにお届けしています。
せっかく撮影するならブレたり影になったりせず、利用者さまのお顔がきれいに写ってるほうが良いですよね。
スタッフもふだん使いのスマホやタブレットを手に、コツを習得!
然は、子連れ出勤するスタッフが多く、子どもたちと利用者様のふれあい場面もたくさん写真に残しています。

でも動きのある子供たちをぴた!っと止まらせて撮影するのは難しい・・・

どうすればいいの!?

 

奇跡の一枚は連写のなかにある!

重要なの とにかく 写!!だそうです。
「プロでも打率1割」と1000枚撮影して50~100枚が成功写真だと説明する下塚氏。
それを聞いてみんな「ほ~!」とため息。
素人が1枚だけ撮影して、ぶれとるわ~あかんわ~暗いわ~こっち向いてないわ~と言ってたらダメ!
連写をしてはじめてそのなかに素敵な一枚が存在する!これが極意だったのです。
被写体の目線に合わせてカメラマンが動くことも大切。
上からの撮影は地面ばかりが写りこんでしまいます。
背景にはいろんなものがうつることで写真の印象がかわり、奥行きもでてきます。
撮影ヒントをたくさんいただきました。ありがとうございました。
最後にみんなで集合写真撮ればよかった~(>o<)
具体的な撮影テクニックはぜひスタジオサークルBLOGでチェック!
スタジオサークルBLOG
参加したいけど子供の行事と重なってる!体調が・・・と連絡をくださったママさんたちもたくさんいました。機会があればまた開催したいと思っています。楽しみにお待ちくださいね♪



125 PV